個人の意思が反映される世の中においては、価値観も多様化していくものでしょう。
日本においては、太平洋戦争以後に、本格的に個人主義が普及されたようですが、今では当たり前の価値観になっているとも言えます。
もっとも、人のよっては、まだまだ不十分を思うかもしれませんが、少なくとも、個人の意思を尊重しようという考えは、広く社会に浸透しているのではないでしょうか?

そんな世の中においては、種々のものも多様化し、色々な状況を醸し出します。
今では、インターネットが普及しているため、そういう多様化もまた、利便性とともに広まっているというのが、実情かもしれません。
そんな多様化の反映として、学習方法があるかもしれません。
かつては、学習の場と言えば、学校しかなく、とにかく学校に入学することが、何を学べるのでは、という風潮があったようです。
もちろん、学校に通わず、独学をする人も多数いましたが、人の集まるところが学習すれば、何かを得られるという考えが一般的だったのは、確かなことでしょう。
これを鑑みれば、塾もまた、その一つと言えます。
しかし、多様化の世の中では、そういう学校や塾以外でも、学習の場があるとされるようです。
現在であれば、インターネットを使ったeラーニングなどが、代表的です。
それとともに、公開講座もまた、新しい学習の場所と言えます。
形式としては、大学の講義に類似しています。
また、人が多数集まる教室で行われるため、伝統的な学習方法と呼応している面もあります。
そうは言っても、公開講座とは、基本的に年齢などに制限がなく、誰でも受講できるものです。
今では、主催が大学であったり、役所であったり、あるいは、企業であったりします。
有料のものもあれば、無料のものもあり、多様化した学習方法の一環でもあるようです。

このサイトでは、そんな公開講座について、独自の説明をしています。
主にどのような公開講座があるのかについて、お話しています。
お役に立つような内容であれば、何よりです。
この記事を共有する お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加