グローバル化時代と言われてから、どれくらいの月日が経つのでしょうか?
日本では、1980年代に国際化ということが提唱され、結局、金融分野においては、1990年代後半の日本版金融ビッグバンによって、少なくとも、金融分野においては、国際化が達成されたようです。
また、インターネットの普及により、海外のサイトにも気軽にアクセスできるため、外国が身近になったことは確かなことでしょう。

こういうことを反映してでしょうか?
今では、外国語を習得する人が増えているようです。
実質の国際言語である英語は元より、今では中国語の学習者も増加しているようです。
あるいは、韓流ブームにより、韓国語を学ぶ人も増えているようです。
外国語の目的は、種々雑多でしょうが、グローバル化の時代においては、自然と外国語を習得したい人が増えるのも、至極納得の行くことでしょう。
そんな外国語の習得方法も、資格と同様、学校に通うことでしょうが、コストを掛けないようにするのであれば、学校よりも公開講座の方が、はるかに効率的かもしれません。
主催は、大学であったり、あるいは、役所などもあります。
あるいは、各種英会話学校でも、一時的なものとして、公開講座を行っているところもあります。
さらには、情報化社会を反映し、インターネットで外国語の公開講座などを行っている場合もあります。
こういうところを使って、外国語の習得に役立てることもできるようです。

ちなみに、インターネットであれば、ネット英会話などもあるようです。
これは、インターネット電話などを利用した英会話学校であり、従来のものより、授業料などがかなり安くなっています。
また、海外を拠点とした外国語学校もあり、そういうところでは、世界中から生徒が集まっているようです。
この記事を共有する お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加